bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

タクシードライバーが教える タクシーに乗る時の損をしない乗車方法を教えます part 2

節約

タクシードライバーが教える タクシーに乗る時の損をしない乗車方法を教えます  part 2
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

タクシードライバーが教える タクシーに乗る時の 損をしない乗車方法 を 教えます

あなたはタクシーに乗って ドライバーに 遠回りをされたことがないですか?

タクシーに乗って目的地が近づいてきた時に 曲がってほしいところを伝える時に ドライバーが 道を間違って 迂回された経験がありませんか?

それでは質問いたします

この画像をご覧ください⏬

あなたはこの先の信号を左に曲がってほしい場合何と伝えますか?

ドライバーは目の前の信号を左に曲がる場合

目の前の信号の次の信号を左に曲がる場合
この二つのことが考えられます

もしこの 写真の 信号を左に曲がってしまったら 元の道に戻るまで 確実に1メーターあるいは2メーター 料金が加算されてしまいます

こんなつまらない損をしないためには

「 運転手さん 目の前の信号を入れて二つ目の信号を左に曲がってください」

これがドライバーに伝える正しい言い方です

間違えないためにもドライバーに伝える正しい言い方はお分かりになりましたでしょうか

次に路地を曲るときを伝える場合
よくお客様から「 次を左に曲がって ください」 と言われることがあります

ドライバーのお客様から言われた判断として 想定するのは 信号を左に曲がると思ってしまいます
タクシーに乗っている人は 本当は信号ではなく手前の路地を左に曲がって欲しかったのに 信号で曲がってしまったらこれも遠回りして 損をしてしまいます

ドライバーに対して正しい 道の伝え方は「 信号を過ぎて 最初の路地を左に曲がってください」 と伝えましょう

そしてもう一つ 伝え方で注意することがあります 例えばクリーニング屋さんの角を左に曲がってくださいとか言わない方がいいですね

特に夜の場合お店が閉まってますので 明かりがついていない限り通り過ぎる可能性がありますからね

誠意のあるドライバーはたとえ道を間違えたとしても 迂回した分の 料金はお客様にお返しします

しかし中には わざと お客様から そのままのメーター料金を もらおうとするドライバーはいます

なぜならば 料金をお返しするのは 会社が戻すのではなくドライバーが自腹を切ってお客様にお返しするからです

要するに 自腹を切るのがもったいないから メーター料金のまま その金額をもらうわけですね

でもタクシーを利用する人にとっては金額の問題ではなくせっかく早く目的地に着きたいのに遠回りして大切な時間を削ってしまうことが損なのです

以上 損をしないためにもタクシーを 上手に利用しましょう


最近ではタクシー代の決済をクレジットカードで 行う タクシー会社が増えています

急な出費が発生したときや現金が足りない時には クレジットカードがおすすめです

あなたは お得なカードをお持ちですか?

私はこの記事をこんな⬇⬇⬇方法で書いています

1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ